2018-11-05

小左衛門×ひだほまれ×熟成

岐阜の地産米「ひだほまれ」のおりがらみ酒、大変にご好評をいただきました。完売のタイミングで、超限定にて熟成酒が到着しました。

kozaemon181105

・小左衛門 (こざえもん)  ひだほまれ 試験醸造酒 熟成酒 / 岐阜

岐阜の地産酒米「ひだほまれ」。この酒米で蔵・テロワールの色を出していきたい、と中島杜氏が話されていたという話は、前回のおりがらみ酒入荷の際に書きましたが、その前哨戦ともいえる、試験醸造酒が熟成を経て味わいが整ってきました。数量限定でのリリースにつき、裏ラベルのみでのご案内となります。

サイズでそれぞれ違うお酒を入荷しました。

■ ひだほまれ 等外米 27BY / 1800ml

地元契約農家が生産したひだほまれのうち、選別外のものだけを使って仕込んだ純米規格のお酒。芳醇な熟成香と旨味がひろがります。余韻は意外や意外、短め。Alc.20%というのが心をくすぐります。3年熟成酒ですが、冷~常温で楽しんでいただきたいとのこと。

熟成酒ラバーはマストアイテム。コストパフォーマンス、めちゃ高!!!

¥ 2,376 / 1800ml (税込み)

■ G酵母使用 ひだほまれ 28BY 生原酒 / 720ml

G酵母とは、岐阜県で共同開発されたオリジナル酵母で、華やかな吟醸香と高い発酵力を特徴とする酵母です。そのG酵母と地元酒米ひだほまれで仕込んだ試験醸造酒となります。28BYの生原酒を蔵でゆっくり氷温熟成させました。熟成香をしっかりと感じながら柔らかかつキレイな旨味が楽しめます。これまた意外、後口はスッキリ!!! 熟成酒入門編として楽しんでいただきたい、とのこと。確かに!!! キレイさと熟成香がマッチしていて、冷~燗までかなり幅広く楽しめます。

¥1,404 / 720ml (税込み)