2021-04-02

鶴齢 おりがらみ & YEAR’S BOTTLE 2020/21

4月に入りました。初回の緊急事態宣言から約1年、、、。残念ながら、大変な状況はあまり変わっていません。引き続き収束に向けて、マスクの着用、三密を避ける、を意識しつつ対策を地道に続けながら、日々を楽しみたいものです。

鶴齢の限定酒、ひさびさの新入荷です。

kakurei210402

・鶴齢 (かくれい)  特別純米 おりがらみ / 新潟

ひさびさに本店にて撮影しました。店内の照明が極端に暗いのと、ライティングの角度や具合が難しく、ラベルによってはなかなか思ったように撮影できないのが難でもあります。昨年のを使おうと思ったら、合羽橋店で撮影したものもなかなか難しい感じでした、、、ので、本店で本日撮影したものを採用しました。なので、実物でじっくりとご確認ください、汗。

恒例のおりがらみです。当店の鶴齢ラインナップのなかでは断トツ人気の特別純米 山田錦55 無濾過生。こちらのR2BY新酒のおりがらみを、予約の数だけボトリングするという素敵企画です。

膨らみのある旨さのなかに繊細な美しさが感じられます。ぜひ透明のグラスに注いで、おりの感じと合わせて楽しんでくださいませ。

¥3,740 / 1800ml (税込み)
※1800mlのみの商品となります。

あわせて、度肝を抜く!?デザインのスペシャル酒が入荷。

kakurei210402

・鶴齢 (かくれい) 2020/21 year’s bottle 純米大吟醸 / 新潟

2017年に、蔵創立300周年を迎えた、鶴齢を醸す青木酒造さん。300周年を記念した商品やラベルのデザインを、ユニクロのロゴなどでお馴染みの、クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏が手掛けたのは、記憶に新しいところです。

その佐藤可士和氏の展覧会「佐藤可士和展」が、国立新美術館 (東京・六本木) にて開催中です (5/10まで)。

この展覧会の一環として、今回鶴齢のイヤーズボトルがリリースされました。展覧会のイメージをそのままラベルに仕立てました。日本酒のパッケージに、ありそうでないタイプのデザイン。

2018年にはじまった、鶴齢のイヤーズボトル。2020年は新型コロナウイルスの影響もあり、リリースを見合わせておりましたが、今回件の展覧会にあわせ、2020/21の2年分のイヤーズボトルとして満を持しての発売と相成りました。

雄町で仕込んだ純米大吟醸酒を雪室貯蔵。しなやかな旨味と美しい香味、雪室貯蔵ならではのスムースな味わいです。

人と集まったり、一緒に食事を、というのがまだまだ難しい状況が続きます。そんなときだからこそ、大切なあの人へ、贈り物にぜひいかがでしょう。デザインと味わいで2度喜んでいただけること、間違いなしです。

¥5,500 / 720ml (税込み)


タグ: ,
酒のサンワ / sanwasake