2021-08-29

【8/29までご予約承ります】手のひら 十九

蔵元ブログをご覧になった方も多いかと思いますが、少し先 (11月中旬以降) に、十九の特別商品がリリースされます。

菰樽、と聞いてピンとくる方はいらっしゃるでしょうか?

結婚式や式典などで登場する「樽酒」。木槌でたたいて蓋を開け、中のお酒を参加者みなで味わう、日本が誇る伝統というべき、お祝い行事で使われるものです。木樽が菰で巻かれた姿は圧巻そのもの。その菰 (こも) も、職人さんの手によるもので、日本の伝統産業のひとつです。

世界中が一年以上にわたって振り回されているコロナ禍で、お祝い行事が中止となれば、この菰樽の需要も激減、酒類業界を担う一業界として大苦戦を強いられております。なんとかこの伝統産業を守りたい、、、そんな蔵元の想いから

「手のひら十九」

なるものを年末年始に向けてリリースすることとなりました。

ご自宅で楽しめるよう、木樽ではなく、樽の形をした300mlのミニ瓶に菰を巻いたものに、純米大吟醸酒をボトリングする予定です (樽の形はしていますが、木樽には詰めないので、樽香はつきません)。菰樽が手のひらに載るサイズ、ということで「手のひら 十九」です。いつものボトルとはまた違った特別感・お祝い感が演出されて、盛り上がること間違いなしです。

空いた菰樽は、瓶の中を洗ってほかのお気に入りのお酒を入れるもよし、そのままインテリアとして飾っても素敵です。クリアーケース入りですので、ギフトとしても喜ばれることでしょう。これから作る商品となるため、商品イメージについては蔵元ブログをご覧いただければ幸いです。

価格は¥3,300 (税込み) を予定しています。

ただひとつ。菰は簡単にすぐに作れるものではありません。菰を特注するかたちとなり、出来上がるまでに3か月ほどかかるとのこと。

数量限定となりますゆえ、確実に欲しいという方は、2021年8月29日 (日) を締め切り日として予約を承ります。
店頭、お電話、Instagram/Facebook のメッセージにてご予約承ります。

みなさまのご予約、お待ちしております!!!


酒のサンワ / sanwasake