2018-12-14

常徳屋×トヨノホシ

大分県と大分県酒造組合がタッグを組み、開発された焼酎用の大麦新品種「トヨノホシ」。当店では兼八トヨノホシでご紹介させていただきました (兼八トヨノホシは完売しております)。

兼八を造る四ッ谷酒造さんと同じ大分県宇佐市で麦焼酎を造っている、常徳屋酒造場さん。当店では、常徳屋の定番麦焼酎ラインナップとして、高精白、常圧蒸留、道中 (六条大麦) の3アイテムをご案内しています。定番焼酎ゆえ、当サイトでご紹介する機会がまったくなかったのですが、、、上記トヨノホシで仕込んだ麦焼酎が限定リリースされるとのことで、早速送っていただきました!!!

jotokuya181214

・常徳屋 (じょうとくや)  トヨノホシ 常徳屋 無濾過 麦焼酎25% / 大分

県を挙げての会心の新品種「トヨノホシ」を主役にすべく、精麦歩合を90%にとどめ、白麹、常圧蒸留で仕込みました。無濾過の状態で蒸留後すぐに割水、25%にて調整しております。品質管理のために、大分の新聞 (しかも大分合同新聞のみとのこと、、) に包んであります。

ザ・濃厚です!!! ナッツのような香りと上品な味わい。濃厚にして上品という、一見コントラストな要素が見事にこの焼酎のなかで一致しております。スゴイ・・・。この上品さというのが、兼八トヨノホシでも感じたのですが、品種由来なのかもしれません。トヨノホシ、スゴイ。

jotokuya181214

この麦焼酎に、わたくしアヒルは心底惚れてしまいました。

みなさんとこの感動を共有したく、麦派だけでなく、すべての焼酎ラバーに、いや、ふだんはもっぱら日本酒、という方にも味わっていただけたらと思います。もう一度いいます、トヨノホシ、スゴイよ!!!

限定品となります。お求めはお早めにどうぞ。

¥2,700 / 1800ml (税込み)