2021-04-04

富久長 × サタケ × 八反草

富久長を醸す今田酒造本店さん。同じく、蔵のある東広島市に所在するのが動力精米機を日本ではじめて開発した会社、サタケです。

蔵とサタケさんのタッグによるあのお酒が、ことしもリリースされました!!!

fukucho210403

・富久長 (ふくちょう) サタケシリーズ 八反草 HENPEI & GENKEI / 広島

八反錦をはじめとする広島の酒米のルーツ「八反草」で、唯一お酒を仕込んでいるのが、富久長。

その八反草を、サタケさんとのタッグのもと、「精米のかたち」にこだわって、扁平精米 (薄く磨く) と 原形精米 (玄米と同じ形に磨く) に精米し、それぞれを仕込むという素敵企画によるお酒が、リリースされました。

富久長については、八反草の純米吟醸酒生酒を現在ご案内しておりますが、こちらは「通常の精米」といわれる球形精米によるもの。もちろん、非常に高い支持をいただいております。

八反草のお酒には、白ワインのブドウを彷彿とさせる香味が感じられ、その可能性に魅力を感じています。そこに「精米のかたち」という新たなアプローチが加わり、八反草の可能性をさらに追求するという、杜氏・今田美穂さんの取り組みにいたく共感しています。

さて、、、今回リリースされた2つのお酒は、精米のかたち以外はすべて同じ条件で仕込まれています。

なのに、こうも違うのか、と驚くべき異なる印象です。扁平精米はスッキリ、原形精米はふくよかな味わい。ぜひ、飲み比べでお楽しみください。盛り上がること間違いなしです!!!

各¥2,132 / 720ml (税込み)
※720mlのみの商品です


酒のサンワ / sanwasake